WiMAXは実際的に料金が割安だと言えるのか…。

出先とか自分の家でWiFiを使用したいと言うなら、モバイルWiFiルーターが必要です。現在注目を集めているWiMAXとワイモバイルを詳細に比較してみたので、よければ目を通して頂ければと思います。
WiMAXは実際的に料金が割安だと言えるのか?契約のメリットや注意点を念頭に、注目の格安SIM等とも比較した上で、「間違いなく安いと言えるのか?」についてレクチャーさせていただきます。
実際にWiMAXとワイモバイルという支持する人が多い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、上位機種に関する下り最大速度を除いた大概の項目で、WiMAXの方が秀でていると確信しました。
WiMAXモバイルルーターというのは、申込時に機種を選ぶことができ、ほとんどお金の負担なく入手できます。ただしチョイスする機種を間違えると、「使用するつもりのエリアがサービスエリアに含まれていなかった」ということが少なくありません。
一緒のモバイルルーターであっても、プロバイダー次第で月額料金は違ってきます。このウェブサイトでは、人気機種を“料金”順でランキングにしていますので、比較してみて頂ければと思います。

自分の会社では回線を持っていないプロバイダーは、本家と言えるUQWiMAXから通信回線の設備をレンタルさせてもらうためのコスト以外かからないので、UQWiMAXと比較したところで、その料金はリーズナブルであると言えます。
ポケットWiFiに関しましては、月に使える通信量や電波の種類が異なったりするので、使い方によって一人一人に適するモバイルWiFiルーターも違います。
「WiMAXのエリア確認を実施してはみたけど、その通りに使うことができるのか?」など、自分が常日頃PCを利用している所が、WiMAXを利用することができるエリアかエリアじゃないのかと悩んでいるのではないですか?
ワイモバイルもその通信サービスエリアは拡大してきており、離島だったり山の中以外のエリアなら概ね利用できるでしょう。インターネットに4G回線を使って接続できない場合は、3G回線を使用して接続できるので、ある意味完璧です。
ワイモバイルというのは、ドコモなどと一緒で自分のところでモバイルの為の回線を有し、その回線を使用したサービスを市場展開するMNO(移動体通信事業者)で、SIMカード単体の小売りも実施しているのです。

WiMAXが利用できるのかできないのかは、UQコミュニケーションズが公にしている「サービスエリアマップ」を利用すればはっきりします。ギリギリでどっちか分からないという場合については、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断することが可能です。
ワイモバイルが市場供給しているポケットWiFiは、規定されたパケット通信量を越えてしまうと、速度制限がなされることになります。この速度制限を受ける通信量は、利用端末毎に決められているのです。
「速度制限の有り・無し」、「データ容量」、「サービスエリア」、「料金」という4つの事項で比較検証しましたところ、どなたがチョイスしようとも満足するモバイルWiFiルーターは、驚くことに1機種のみというのが正直なところです。
「モバイルWiFiを買いたいと思っているけど、高速&無制限モバイル通信ということで有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供しているポケットWiFiのいずれにしようか決めかねている。」という人の為に、両者を比較してみたいと思います。
LTEにつきましては、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という通信規格で、近未来に登場することになっている4Gへの転換をスムーズにするためのものです。そんな訳で、「3.9G」として類別されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする